*

需要あるの?関係者も首を捻る、“なぜ売れているのか分からない”タレントたち

SPONSORED LINK

毎日のようにテレビで見かけるタレントがいる。

それは好きであったり嫌いであったり・・しかし、「なんでこいつら人気あるの?」って思うタレントも沢山いる。

需要はあるんだろうか?事務所のコネかバーターか?そんなテレビ側の事まで案じてしまうのは私だけではないだろう・・

(以下引用)

およそ1,000人に1人程度しか売れっ子芸人になれないと言われているバラエティ界。現在、テレビで活躍している芸人やタレントたちは、賞レースで名を上げたり、ヒットギャグを世に送り出したり、自らブームの中心となり、そんな狭き門をくぐりぬけてきた猛者ばかりだ。しかし、中にはなぜここまで第一線で活躍しているのか疑問に思うタレントがいるのも事実。特に一般の視聴者には、意味が分からないほどに不思議と活躍しているタレントというのが目に付くものだろう。そこで今回は、業界内で活躍する関係者たちも思わず首を捻ってしまうタレントについて話を聞いてみた。

 

まず名前が挙がったのは、テンションの高い若手芸人の筆頭といえる巨大事務所のコンビだった。

ノブコブ

 

「吉村崇(33)と徳井健太(33)の平成ノブシコブシが売れているのは不思議です。大きな大会で実績があるわけでもありませんし、彼らの代名詞と呼べるギャグはありませんからね。

えません。

ちょうど彼らの出てきたタイミングが、若手芸人を売り出そうという業界全体の機運とマッチしたということなのではないでしょうか。運も才能のうちと言えば聞こえはいいですが…。しっかりとした芸を身につけなければ、今後出てくるに違いない新鮮な若手にアッサリと今の立場を奪われてしまうかもしれませんね」(バラエティ放送作家)

 

また別の関係者は、今や飛ぶ鳥を落とす勢いの人物の名を挙げる。

ビッグダディ

 

「ビッグダディこと林下清志さん(49)ですね。いくらブレイク中とはいえ、はっきり言って僕の番組には呼びたくないですよ。確かに彼の個性的な性格とこれまでの道のりは興味深いものなのかもしれませんが、特別な芸を持っているわけでもないですし、トークもイマイチで、しかもいちいち出番を作らなければ前に出てこないとなると…。

もちろん、そんな素人感がウケているのでしょうが、そんな人をタレントとして起用しては、ほかのタレントさんたちに失礼ですよ。まあ、ビッグダディどうこうより、彼を起用している番組サイドに問題があるのかもしれませんね」(番組制作会社関係者)

さらに、今年に入って新番組のレギュラーを3つも増やし、そのうち2つが冠番組という売れっ子の名前も挙がる。

林修

 

「まさかここまで林修(48)さんが活躍するとは思いませんでしたね。一過性のものだとばかり考えていました。あの、妙に鼻につく喋りはテレビに向いてないと思ったんですが…。

バラエティに教養という側面をプラスした功績は大きかったのかもしれませんね。かといって、これほど彼が活躍するのは不思議ですよ。これまでにも文化人系のタレントさんは多くいましたし、林さんがその中でも抜群に個性的で面白いかといったら、そんなことはありませんからね。

もっとスポットを浴びてもいい人はいるはずです。それでも売れているのは、本人のヤル気とやっぱり事務所の力が大きいからでしょうね。得てして文化人系のタレントさんはテレビに対してどこか斜に構えるところがありますが、林さんからはそういった印象を感じませんから。それがここまで彼が売れた理由だと思います」(業界関係者)

 

頭では売れている理由を理解しているが、なぜ売れているのか釈然としない思いを抱いている関係者たち。もちろん、これらの意見は彼らの個人的なものだが、関係者たちからも首を捻られるタレントたちの未来は果たして明るいのだろうか。そもそもタレントを目指していたわけでもなく、ひょんなことからタレント活動をしているビッグダディや林はともかく、芸人である平成ノブシコブシには、耳の痛い話だろう。どうにか奮起して、誰もが納得する芸人に成長してほしい。

(引用元 サイゾー)

ネットではこのほかにあげられたタレントは・・・

・マツコデラックス

・嵐

・小島瑠璃子

・ピース

・狩野英孝

・千原ジュニア

・鈴木奈々

マツコ・デラックス

千原jr

 

売れて納得な人もいれば、なんで?って同意してしまう人もいますね~

事務所の力やお金やらなんやらあるんでしょうが、「親和性の法則」で最初はぜんぜん好きじゃなかったのに何度も見ているうちに気になってきた・・ってなる場合もありますから、

露出させるのはすべて悪いわけではないでしょうね。

露出させたあと、番組に呼ばれたり呼ばれなかったりっていうのはそのタレントの実力によるところも大きいでしょうから、タレントは売り出してもらってるうちにせいぜい頑張らないといけませんね。

 

SPONSORED LINK
よろしければクリックお願いいたします。
エンターテインメント ブログランキングへ


関連記事

極楽とんぼ・山本圭一

山本圭一の復帰が近い?事件から8年ロンブー淳・相方加藤らが切望

何故か今日2つの同じような記事がyahooトピックに上がっていた。 それは極楽とんぼ・

記事を読む

森三中村上

森三中・村上が第1子女児出産不仲説の大島も喜びコメント

女性お笑いトリオ・森三中の村上知子(34)が17日午後6時7分、都内病院で2954グラムの第1子

記事を読む

安藤美姫

【画像有】また炎上?安藤美姫、恋人フェルナンデスにネイル塗ってもらう写真を公開

フィギュアスケート元世界女王の安藤美姫さん(27)が26日、自身のインスタグラムを更新。 交際中で

記事を読む

松たか子

【動画】松たか子濡れ場も歌も”ありのまま”!! アナ雪「熟成女王」の証明

映画『アナと雪の女王』が空前の大ヒット中だ。 (以下引用)「3月14日の公開開始から1

記事を読む

清原和博

ASKA容疑者の次は清原和博が逮捕?2人を繋げる点と線

ようやくASKA容疑者が覚せい剤使用を認めた・・・ ASKAと同じように週刊文春で薬物

記事を読む

松本人志

松本人志キムタクと同じ学校に娘を通わせよきパパに!娘の名前、嫁との馴れ初めは?

2009年に元タレントの19歳年下の伊原凛さんとできちゃった結婚した松本人志。 生まれ

記事を読む

梅田悟

AKB襲撃・梅田悟容疑者の勤めていた警備会社が人物像を語る

岩手県滝沢市でアイドルグループAKB48のメンバーらが握手会で男に切りつけられた事件で、毎日

記事を読む

氷川きよし

同性愛、暴力、創価学会、氷川きよしの男性マネジャーがパワハラ被害を告発!録音音声公開へ!

「きよしのズンドコ節」などのヒット曲で知られる”演歌界のプリンス”こと、氷川きよし(36)の

記事を読む

石原真理

【現在の写真】石原真理、ローラを罵倒 「犯罪家族のくせに」「私の真似してる」さんまにも謝罪要求

女優の石原真理が15日、自身のブログを通じ、ローラを「犯罪家族のくせに」などと罵倒している。

記事を読む

西島秀俊

西島秀俊 17歳年下26歳”小雪似”美人コンパニオンと厳戒半同棲

今や人気・実力共に兼ね備える俳優となった西島秀俊(43)。浮いた噂がなく安心していた女性も多いか

記事を読む

スポンサードリンク

ent1609100015-p1
高畑裕太の現在2億円新居に引っ越しも姉が24時間監視!

2016年はスキャンダルが豊作の年だったが、 その中でも世間を騒がせ

sup_miyachi
【音源有り】聞いてみや~ち暴行事件当日の放送音源【宮地佑紀生】

タレントの宮地佑紀生容疑者が、ラジオ番組の生放送中、女性タレントにマイ

img_7ece609968da0ea6b824e378649aad2184194
ベッキー13日「金スマ」出演発表 104日ぶり復帰「これまでの経緯語る」

ついについに!ベッキーが明日5月13日の金スマにて復活します!!

1771_large
【画像あり】能年玲奈“ママ”小泉今日子との2ショット公開 再共演望むファンも

女優の能年玲奈(22)が10日、自身のブログを更新。NHK連続テレビ小

img_7ece609968da0ea6b824e378649aad2184194
ベッキー復帰!太田光 ベッキー金スマ復帰に異論「どうせ感動に持っていくんだろう」

不倫騒動で休業中のタレント、ベッキー(32)がTBS「金曜日の

→もっと見る

  • 当サイトは記事等を個人で楽しむ目的で運営しております。 その著作権は引用元にあります。また、サイトの閲覧、リンク先のご利用は自己責任で行っていただきますようお願いいたします。万が一不適切な記事、リンク等がありましたら早急に対応いたしますので、恐れ入りますがご連絡をお願い致します。
PAGE TOP ↑